妊娠出産時の女性ホルモンの働きには5つあります。

①妊娠を維持するためのもの(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
②排卵防止・子宮収縮防止・母乳準備するもの(プロゲステロン)
③母乳を分泌するためのもの(プロラクチン)
④妊娠維持・出産準備するもの(エストロゲン)
⑤赤ちゃんが育つためのもの(ヒト胎盤性ラクトゲン)

このうち、②と④は通常(非妊娠時)よりも、妊娠中なんと数百倍まで!!上がります。

しかし、出産直後は通常よりも減るという、つまり数字に置き換えると、
出産日だけで、500倍から→マイナスへ急速ダウンということになりますよ。
(※その後、産褥期でゆるやかに通常モードに戻ります)

これってすごいことですよね。
出産の痛みに耐えて、更にホルモンの急減にも(見えないところで・・こっそり・・)耐えているんです・・・
なので、産後、体調が崩れるのが普通です。
産後の過ごし方、産後の体のケアがいかに大切かがわかりますよね。

出産後のあなたの体は大丈夫ですか?
自分の体と向き合っていますか?
育児が忙しいと見過ごしがちですよね。

自律神経のバランスが整い、あなたらしさを取り戻すための
産後のケアは、天使のかおへどうぞ。