産後の腰痛、どうにかならないの?

産後、ゆっくりしたくても料理に掃除にやることはたくさんあります。

そんな時、赤ちゃんをおんぶしたりして、家事を頑張っているお母さんは多いですよね。

毎日おんぶ、抱っこで背中や肩はガチガチで、腰にも痛みが・・・
でもおんぶ抱っこをやめるわけにはいかないし。。。

そんな時は、おんぶの仕方、抱っこの仕方だけでも見直してみてください。

無理なおんぶ抱っこで、毎日同じ姿勢で続けていると悪化してしまいます。

やり方を毎日変えてみると、別の筋肉が動いたりして、負担が1箇所に集まるのを防止できます。

1箇所の筋肉だけずーーーーっと使い続けて疲労すると、
その筋肉の緊張が慢性化し、その部分だけ血管やリンパ管が圧迫されて、
血流が滞り、痛みとなって出てきます。

で、その痛みをカバーしようとして周りの筋肉が応援します。
そうすると、別のところに問題が出てきます。ひざの痛みなど・・・
そうしてまたそのひざの痛みをカバーしようとして別の箇所が・・・

こうして全身が慢性的な血行不良となり、腰痛どころか、
最終的には体が思うように動かなくなってしまいます。

腰痛に気が付いた時点で、その生活習慣を見直すと良いです。

具体的には、抱っこの位置を高めにする、おんぶ紐の位置を高めにする、など、
毎日紐の調整は変えて色々試してみるのがお勧めです。

ポイントは筋肉を1箇所だけずっと使い続けて疲労させることのないように配慮することです。

産後、自分の体の声を聞いてあげられるのは、まず自分です。

赤ちゃんのお世話とももちろん大事ですが、
お母さんの健康な体があってこそです。

自分の体をまず大事にしましょう★