産後、ダイエットしたいからといって、脂質をなるべく取らないのは危険

母乳の成分の半分は脂質ってご存知ですか?
良い母乳を出すには、良質な脂質を接種することが大事です。

脂肪酸には2種類あります。

①飽和脂肪酸
②不飽和脂肪酸

①は動物性脂肪なので、普段からよく食べているものに多いです。例えば、お肉や乳製品などです。気を付けていないと、ついつい食べ過ぎることが多いので、産後や授乳中には注意が必要です。

②はオリーブ油や魚(あじ・さんま・いわし)に含まれる魚油などです。
オリーブ油は母乳の脂質成分に近い性質があり、安心です。
魚の脂質分も脳の発達には欠かせない成分です。

注意点として・・・
不飽和脂肪酸は非常に酸化しやすい食べ物なので、
なるべく鮮度よく食べることが大切です。

質の良い脂質は赤ちゃんの脳や心臓・皮膚などの成長に必要な成分なので、この不飽和脂肪酸を意識して食事に取り入れるようにしましょう。