欧米では出産後に指導のある骨盤臓器脱の予防体操

日本人女性が出産後に産婦人科で、骨盤臓器脱の予防が大事という指導はあまりされていないですよね。

私も2人の子供を異なる産院で出産しましたが、そんな指導は一切ありませんでした。

もちろん、予防体操なんて、全然指導されませんでした。

せいぜい、

重いものは持たないようにしましょう、くらいでした。

でもこの骨盤臓器脱は他人事ではありません・・・更年期になって悩んでいる人、とても多いんですよ。

出産した女性はもちろんのこと、出産していなくても、なる可能性があります。

そもそも骨盤臓器脱とは

骨盤の中におさまっている、
子宮や膀胱、腸、膣などを
一生懸命に支えてくれている筋肉やじん帯がゆるんでしまって、
外に脱出してしまい、
日常生活の様々なシーンで支障が出てしまう病気です。

とても深刻なのにもかかわらず、それを予防、指導してくれるところは少ないのが現状です。

放置しているとますます悪化するので、困っている人はすぐに病院へ行きましょう。

まだ出産したばかりという方は自分で予防体操をしましょう。

 

『天使のかお』では骨盤臓器脱を予防する、骨盤底筋を鍛えるセルフケアも指導しています。