2人目の出産はどうだったの?と聞かれることが多いので、昨日書いた陣痛の話の続きです。

陣痛がきてから車で飛ばしてもらってやっと着いた産院。

車の中では後部座席で私が横になっていて(⇒このほうが楽だったので)色々向きを変えたりしていたら赤ちゃんが産道を回旋しながら、だんだん降りてくるのがわかったんです。一人目のときはそんな余裕はなかったからかわかりませんでしたが・・・。

今回2人目のときは、上の子のお世話もあるし、色々気分が紛れていて、そしてマタニティヨガにずっと通っていたせいか、自分の癒されるポーズとかリラックスできるポーズがわかっていたので、呼吸と合わせながら上手に陣痛を乗り越えることができました。痛いというよりは別の言葉で表現したいけど、最適な言葉が見つからない・・・なんていうか、痛みがこわいーというよりも、痛みを受け入れて、見つめて、赤ちゃんと一緒に乗り越えた感じがすごくしました。近い言葉でいうと生理痛の感じ?!がジワジワする陣痛です。

なので本陣痛とは異なるというネットの情報を信じていた私、車の中でまさかの5分間隔に!

これは産まれるな、と確信し、産院についたら急いで受付に行って、その横の長いすに横になりました。

そして助産師さん達がすぐ分娩室に通してくれて、
色々調べてもらっていたら、これはもうすぐ産まれますよ、無痛にはできないですよ、という話になり、
(麻酔がききはじめるのが1時間経ってからなので、それ以内に産まれる場合は無痛をしてくれないという事前説明有り)
でもそのときまだ子宮口が6センチだったので、一人目のときはこの状態から丸1日陣痛に耐えまくってやっと産まれたので、すぐ産まれるなんてそんなわけはないので、無痛にしてください、と言ったところ、一応準備をはじめてくれることに・・・

でもその準備中にどんどん赤ちゃんが産道をおりていったみたいで、高速で進んでいったらしく・・・

そしていよいよ麻酔の注射をすることになったときに、破水し、
医者が走って来て、「あと5分で産まれるから、5分だけ我慢して!大丈夫だから!」と自信有りの表情で言われ、
そのままするっと産まれました。

結果

1人目のときは病院着いて子宮口6センチでそこから丸1日陣痛に耐えて、促進剤もMAXでやっとやっと産まれました。(その前に何日か微弱陣痛もありました)出産後も貧血や色々注射や点滴で大変でした。

でも2人目のときは病院着いて子宮口6センチで、促進剤もなく、そこから自然につるっと30分くらいで産まれました。出産後も元気で貧血もなく注射や点滴もなく、楽でした。なので産まれて当日から赤ちゃんのお世話をする気持ちの余裕がありました。

1人目は難産でした。2人目は超安産でした。

この違いは何でしょう・・・・

 

1人目が難産でお産がこわい、痛いというイメージがあって、2人目を産むのがこわいひと、もしいらっしゃったら、
必ずしも1人目と同じように難産であるとは言い切れないので、希望を持ってほしいです♪

私としては、マタニティヨガがお勧めです★

ヨガのおかげで、陣痛をうまく乗り切れました。ぜひお試しください。